「結び」 とは古くはヤマトコトバにおいて
「産霊 (ムスヒ)」 と表された


 生み出した形象が
 その手を離れて
 やどすもの